システム開発・教育ソフト

システム開発

クライアント本位のシステム開発

株式会社ユニティーベルでは、お客様との丁寧なミーティングでご要望を深く理解した上、
業務効率を飛躍的に向上させるためのシステムづくりを行っています。
さらにユーザビリティ、アクセシビリティを意識したインターフェースを用意し、
お客様ごとの特性を理解した上で、扱いやすいシステムを開発します。
また、急激に加速するスマートフォン市場に対し、オープンソースのAndroidを中心としたアプリを制作し、
企業のAndroid活用をサポートしています。

エンドユーザ主体のユーザビリティを重視

ユーザビリティ (usability)とは、use (使う) と able (できる) から来ており、「使いやすさ」 や 「使い勝手」といった意味で使われています。
ユーザビリティは、ソフト開発にとって欠かせない要素ではありますが、非常にあいまいで、捉えにくい概念です。
なぜなら、製品の特性、使用するユーザー、利用状況などによって 「使いやすさ」は変化するものだからです。それゆえ、ある人からユーザビリティが高いと評価されても、別の人からは低いと評価されるようなこともありえます。
弊社が心がけているのは、スタッフの感性だけに頼らず、利用者にとって快適なシステムになるよう打ち合わせ、試用を重ねる等、最善の形をご提案するということです。

ユーザビリティ

デザイン性を重視したシステム開発

ユーザビリティはデザインにも大きく影響されます。
弊社は創業当初より、学校向け教育ソフトウェアを開発してきた実績があり、幼い子どもにも理解しやすいユーザビリティと、学習が楽しくなるような画面周りのデザインにもこだわったタイトルを作り続けてきました。
そういった経験が、UI(User Interface:見た目の使いやすさ) 、 IA (Information Architecture:情報の伝わりやすさ ) の重要性への理解へとつながり、現在の企業向けソフトウェア開発にも生かされています。

UI

コスパの良いシステム開発

弊社では、新規のシステム開発に加え、これまで開発してきたシステムや技術を活用することで、開発費・納期の大幅な削減を図っています。
過去に開発したアプリケーションをベースに、不足する機能を追加することでご希望の形とすれば、基本の開発に当たる時間を省くことができ、また、お客様は完成形をより明確にイメージしやすく、完成後の軌道修正なども不要になることで、開発工程の短縮をはかることが出来ます。


加えて、表面化していない問題点をも洗い出し、改善のための追加機能を提案します。逆にご希望にはあっても使用上、なくても困らないと思われる機能があれば、削除提案をさせていただき、本当に必要な機能に絞り込んだシステムをご提供します。ご提案の際、作業の内訳・開発に必要な時間をできるだけ細かく提示して、お客様ののご予算とすり合わせながら、ご納得のいただける形に落とし込みます。

これらのことから、弊社開発のシステムは、コストパフォーマンスにも自信があり、ご予算に余裕がなく、システム導入を諦めていたお客様にも喜んでいただけるものとなっています。

コンサルティング・運用・管理まで、トータルでサポート

弊社スタッフは、長年同じチームでシステム開発を続けてきたプロフェッショナルです。これまで多様なお客様の事例を伺い、ご要望に対応し、実現してまいりました。
この豊富な知識と経験から、システム開発の前段階のコンサルティング、つまりはお客様の事業と現状の課題を、分析・把握・検討するお手伝いすることができ、それを基に、システムを事業にどう組み込むか、組み込んだ先に事業をどう展開するのかなどを念頭に置いたシステム開発へとつなげていきます。

保守・管理

さらに、開発後の保守・運用もお任せいただけます。
データのバックアップや定期メンテナンスなど、お客様のご要望に応じた最適なフォロー体制をご提案いたします。

事業とシステムをトータルで考え、お客様のご予算に当てはめるとどこまでが可能なのか、最善策をご提案させていただきます。

教育ソフト

前身の家庭学習教材作成企業の流れをくみ、
創業当初より、全国の小・中学校を中心とした学校様でお使いいただく教育用ソフトウェア、一般ユーザー向け教育用ソフトウェアの企画・開発を行ってまいりました。
主要お取引:・ソフトバンクBB(株) ・内田洋行(株) ・新日本教文(株) ・(株)日教販